【有酸素運動しても前ももだけ太くなる】1つの原因と対処法【専門家が徹底解説】

スポンサーリンク
下半身太りの記事

有酸素運動をがんばって痩せても、前ももだけモリっと太くなった…。

と、悩んでいませんか?

「前ももの太さ」は、
アンバランスな体型に見えるだけではなく、
細身のパンツをキレイに履けなかったりと
美脚つくりを阻む大敵です!

実は、有酸素運動をがんばったけど
反対に太くなった前ももを細くする方法があります。
それが「骨盤リセットエクササイズ」です。

なぜなら、
有酸素運動をがんばっても
前ももの太さが解消しない原因の1つが

「骨盤が前に傾き過ぎている」からです

つまり、骨盤のゆがみが
改善されていないからです。

特に、ダイエットで食管管理によって
体重や体脂肪を落とされた方は

この骨盤リセットエクササイズを行うだけで
前ももの張り出しや太さを解消効果を最大限引き出すことが可能です。

スポンサーリンク

何度も「脚痩せ」の失敗と研究を繰り返してきました

私は、
国家資格である鍼灸師
整体師を20年以上
パーソナルトレーナー歴7年以上
という経験。

ボディメイクの大会で準グランプリ
日本大会出場という経験。

そして、その期間中に
何度も「脚痩せの失敗と研究」を繰り返してきました

でも、その経験をしたことで
脚痩せの仕組みを深く理解することができ

自分のゴツイ太ももの前側を
骨盤のゆがみを整える方法で
ほっそり脚に変えることに成功できました。

ちなみに
↑右の写真は
ユニクロの女性サイズのパンツを履いています。

男ですが
これも美脚つくりへの研究のためです。

この記事を書いている、私は
・ベストボディジャパンモデル2021日本大会出場
・ベストボディジャパンモデル2021高知大会5位入賞
・ベストボディジャパンモデル2020日本大会出場
・ベストボディジャパンモデル2020広島大会準グランプリ
・ベストボディジャパン2020福岡大会4位入賞
・30代後半のとき、体重は増えていないのに体型が崩れた見た目が嫌で、ダイエットし見事成功

美脚つくりの講師もさせていただいております

私は
・ナチュラルケア院長
・鍼灸整体師として20年以上
・施術人数20000人以上
・ボディメイクトレーナーとして、
美脚講座やオンラインにてダイエット指導活動をしています。

クライアント様の変化

この記事の内容と得られるもの

この記事では、
初心者の方でも、努力さえすれば
前もも痩せが目指せるよう

前ももが痩せない原因と
前もも痩せ効果のあるエクササイズを解説いたします。

この記事を読むことで

前ももが痩せない仕組み

前もも痩せ骨盤リセットエクササイズ


を知ることができます。

結果。
スリムな体型つくりやスキニーや
細身のパンツのファッションを楽しめるようになります。

結論=傾いた骨盤を垂直にリセットすること

前もも痩せの答えは

前に傾き過ぎている骨盤をまっすぐに整えるエクササイズを行うだけです。

それだけで
上半身が痩せたけど前ももだけ痩せなかった
下半身太りをスッキリ解消することができます。

骨盤リセットエクササイズとは?

そもそも、
骨盤リセットエクササイズとは

普段の生活のなかで
ほとんど使われなく弱った
正しい骨盤の位置を保つ筋肉を
エクササイズの刺激で目覚めさせ
骨盤を本体の正しい位置のリセットするエクササイズです。

運動が苦手な方でも
自宅で簡単にできるエクササイズです。

なぜ?骨盤が前に傾き過ぎると「前もも」が痩せなくなるのか?

その理由は、
「太ももの前側に集中して筋肉がついてしまうから」

つまり
「筋肉太り」です。

そもそも、下半身には
上半身と重力の重さがかかります。

その重さを
お尻と太ももの裏などをメインに
支えているのが人の下半身の仕組みです。

ただ、骨盤が前傾すると
その重さを「前ももの筋肉メイン」で
支えることができなくなります。

結果。
普段の生活を送るだけなのに
脚の筋トレと同じ負荷がかかってしまい
太ももの前側の筋肉がついてしまいます。

ダイエットをがんばって脂肪を落としても
筋肉は落ちていないので、脚は痩せません。

これが、上半身は痩せても
太ももだけ痩せない理由です。

骨盤がリセットされると不必要についた「前もも」の筋肉が落ちてサイズダウン!

骨盤が整うと

前ももへの負荷は少なくなり
前ももの筋肉は育つことはなくなるので
不必要な筋肉は減りはじめサイズダウン!

これが
骨盤リセットエクササイズをすることで
前ももの太さ解消の仕組みです


だから骨盤リセットエクササイズを行うこと
太ももが痩せることができます。

前ももの太さをとり「ほっそり脚」をつくる!骨盤リセットエクササイズ方法4選とやり方

【ポイント】

・エクササイズの頻度は「週に2回」
・1つの種目を「2~3セット」行ってください。
・回数は、種目別に解説しています。
・行う順番は、①→②→③→④→⑤

①股関節のねじれをとる!骨盤リセットエクササイズ

骨盤前傾タイプの人は、股関節が内側にねじれています。
このねじれをリセットすると骨盤の前傾が改善できます。

このエクササイズは
股関節のねじれをとり
骨盤をリセットする効果があります。

回数:左右10回目安(2~セット)

②太ももの裏の筋肉を目覚めさせる!骨盤リセットエクササイズ

骨盤前傾タイプの人は、
ももの裏側の筋肉が弱っています。

この筋肉が弱ると
骨盤をまっすぐに保つ力が弱り骨盤が前傾します。。

このエクササイズは
もも裏の筋肉を目覚めさせて
骨盤をリセットする効果があります。

回数は、10回を2~3セット

③:股関節の付け根の柔軟性を引き出す!骨盤リセットエクササイズ

骨盤前傾タイプの人は、
股関節のつけ根の柔軟性が低下しています。

この筋肉が硬くなると
骨盤を前に倒す力が持続的にかかります。

このエクササイズは
股関節のつけ根の筋肉の柔軟性を引き出し
骨盤をリセットする効果があります。

回数は、3秒キープを10回を2~3セット

④:太ももの裏の筋肉を動かすエクササイズ

骨盤前傾タイプの人は、
骨盤を前に傾ける力をもっている
お尻の筋肉が硬く緊張しています。

この筋肉が硬くなると
骨盤を前に倒す力が持続的にかかります。

このエクササイズは
お尻の筋肉の柔軟性を引き出し
骨盤をリセットする効果があります。

回数は、左右3回を2~3セット

⑤:太くなった太ももの前の筋肉をゆるめるエクササイズ

骨盤前傾タイプの人は、
前ももの筋肉が発達していて硬くなっています。

そもそも、筋肉は硬くなると
膨らんだままをキープするので
太いまま。

このエクササイズは
前ももの筋肉をゆるめて
直接サイズダウンをしていく効果があります。

補足:まだ食事管理で体脂肪を落としていない人はこちら

体脂肪率が30%以上の方で脚が痩せない方は、
筋肉太りと合わせて脂肪太りの可能性も。。。

食事管理も必要な場合は
こちらも参考にしてください。

まとめ

ダイエットや運動をしても
前ももがほっそりスッキリしないときは

骨盤セットエクササイズなら
運動が苦手な方でも確実に痩せることができます

私自身も
このエクササイズで太もものサイズを落とすことができました。

エクササイズの注意点は
毎日行わないことです。
筋肉に刺激を与えるエクササイズですので
筋肉を休ませることが欠かせません。

毎日行わないとと考えず
エクササイズを行ったら2日は休んでください。

40歳を過ぎても
スリムな体型をキープする秘訣や
ダイエット、ボディメイクの方法に関しては
無料のメルマガで解説しています
興味があれば読んでください。

「軽やかな体調とほっそり脚をつくる筋肉の整え方」無料のメルマガ

↓↓↓
https://lb.benchmarkemail.com//listbuilder/signupnew?UOpPXfYpHY5BV8gHIZ8EYP5pwVnAjsSIsv99KLT%252FP%252FftO5iNRn8gS8X4lBTFzgEtozrTjFZYUg4%253D

タイトルとURLをコピーしました