たれ下がり脚タイプの特徴

たれ下がり脚タイプの姿勢

たれ下がり脚タイプの特徴は
骨盤が肩や膝よりも前に出ている姿勢です

この姿勢を放置していると将来的に
骨盤が後ろに後傾しているのでやや疲れて見えたり老けて見えやすかったり
全体的に下半身が「ゆるんで」「たるんで」みえるので締まりのない下半身のイメージになる可能性が・・・

たれ下がり脚タイプ解消のコツ

たれ下がり脚タイプの下半身では
ももの前・横・後ろや股関節と骨盤を繋げる筋肉が緩み過ぎていたり
緊張し過ぎていたり極端に偏るので、本来の筋力が発揮できていません。

垂れ下がり脚タイプを解消するために
まずは、骨盤をまっすぐに整えるセルフ整体をしてから
衰えている下半身全体の筋肉を鍛えていくと引き締まったまっすぐ美脚に近づきます。

たれ下がり脚タイプ対策エクササイズ

①上半身の姿勢を整えるセルフ整体

 

②お尻の横の筋肉を鍛えるエクササイズ

③下半身全体を鍛えるエクササイズ

自分の下半身のゆがみタイプを知りたい方はコチラ

1分で終わる!下半身のゆがみタイプ別診断

「自分の下半身のゆがみタイプを直接診断してほしい!」方はコチラ

第一印象がグッと良くなる!姿勢から分かる「下半身のゆがみタイプ別診断講座」のご案内です