【脚やせダイエット】食事制限しても上半身だけ痩せて足だけ痩せない理由と解消法




自宅でできる下半身太りを解消するセルフケアを知りたい方向けです。

 

世の中では、健康ブームと一緒に美容ニーズが高まっていますが、それと同時に美脚系セルフケアも多くあります。「美脚 セルフケア」とかで検索するとわかりますが、山のようにでてきますね、、、。

 

そんな中で今回は、食事制限しても上半身だけ簡単に痩せて足だけ痩せない理由と解消法を紹介します。どうして、食事制限をして上半身は痩せたのに脚だけ痩せない!その理由という話から、おすすめの下半身太り解消のセルフケアの紹介です。

 

ちなみに、↓の写真方は「上半身と下半身の見た目のバランスを良くしたい」と美脚パーソナルレッスンを受けた方の写真です。今回は実例と共にその内容をお伝えしますね。

情報社会の今、たくさんのセルフケアも多く見かけますが、僕自身、自分のO脚をセルフケア2ヵ月間で改善したり、過去に300以上の美脚記事を作ったりしました。

 

それと、美脚講座では約300人ほどの女性に指導や、鍼灸師として臨床17年で約3万人の方を施術させていただき、セルフケア歴20以上の経験を積み重ねてきたので、知識は間違いないと思っています。

 

経験に基づいたノウハウをご提供しましたので、是非ご覧ください(^^♪

どうして、いくら食事制限をがんばっても脚だけ痩せないのか?

いくら食事制限をして体重や上半身だけ痩せたとしても、前ももやお尻や下半身全体のサイズが変わらないその理由はもしかしたら、「肩と股関節まわりの筋肉がこり固まって関節がゆがんでいると下半身の脂肪や筋肉が落ちににくくなることを知らなかっただけ」かもしれません。

 

そもそも、解剖学的視点からみると、人の体に余計な脂肪や筋肉がつく仕組みは大きく分けると「4つ」あります。

①カロリー摂り過ぎ

②関節の動きが小さい

③リンパの流れが悪く酸欠

④姿勢が悪い

ひとつひとつ説明していきますね

①カロリー摂り過ぎ

これは、ダイエットの王道ですよね。消費カロリーよりも摂取カロリーが多ければ脂肪になり、体脂肪が増えて見た目が太くなります。でも、食事制限をされているので、この理由は少ないとおもいます。

②関節の動きが小さい

これ、意外と知られていません。実は、脂肪や筋肉は関節の動きが小さく少ない所を守るためにカロリー関係なくつくことがよくあります。この話は体幹ダイエットの佐久間トレーナーさんも言っています。そもそも、脂肪は体温を下げないためにつくものなので、動きが少ないな所は体温が下がりやすいので、それを守るためにつくといわれております。

③リンパの流れが悪く酸欠

これは、リンパ管の流れをよくする目的にリンパマッサージとは違います。僕がいいたいのは「リンパ間質液」で筋肉の中にたくさん流れているリンパ液です。このリンパ液は筋肉で脂肪を燃やすために酸素をたっくさん運んでくれるリンパで、この流れが良い人ほど痩せやすいです。ただ、筋肉が硬いとこのリンパの流れが悪くなり酸欠状態になる ので、食事制限をがんばっても酸素の運ぶ量が少ないために、筋肉で脂肪が燃やせない体になります。

④姿勢が悪い

これも、解剖学的視点なのですが、悪い姿勢だと巻き肩や猫背のように、肩関節の位置がネジを回すようにねじれてしまい、グラグラとバランスが崩れ、それを支えるために、必要以上に肩回りの筋肉に力が入ってしまいます。

そうなると、体の重心は真ん中から前や後ろの方にズレてしまって、骨盤が前後に傾き、その結果、太ももの前側の筋肉や下半身全体の筋肉で、偏り過ぎている重心を必要以上に支えないといけない状況になるために、必要以上に筋肉太りによって下半身全体や前ももがパンパンに張りだしてしまうことが起きてしまうのです。

つまり、食事制限をしていても、筋肉太りによって脚だけが痩せないのです。

では、どうしたら下半身がほっそり痩せて細くなるのか?

それは、食事制限と一緒に「こり固まっている筋肉をゆるめるだけ」です。

カロリー摂り過ぎ以外の下半身太りの根本は、筋肉が硬くなることで起きる、関節の動きが小さいこと、リンパの流れが悪い事、姿勢が悪いことがメインなので、食事制限と一緒に筋肉をゆるめることが、脚やせの近道です。

ゼロから筋肉をゆるめるのはどうしたらいいのか?

下半身太りを解消するためにゆるめた方がいい筋肉は「アゴ・首・胸」と「股関節」の筋肉の3つ。なぜなら、の4つの筋肉は、リンパの流れや、重い頭や首、肩の関節などキレイでまっすぐな姿勢を保つために必要な「姿勢筋」だからです。

 

実は、この筋肉がこり固まって縮んでいる状態が持続的に続いていることで、悪い姿勢になっていることがほとんどです。そして、この4つの筋肉は「縮む力」がとても強いので、この筋肉をゆるめていないと、肩甲骨と肩甲骨を意識的によせていても、すぐ姿勢が元に戻ってしまうことがおきやすいので、まずはこの4つの筋肉をゆるめていきましょう!

 

ゆるめる順番は上半身~下半身がベストです!




足だけ痩せないを解消!4つの筋ゆるセルフケア

①あごの筋肉をゆるめるセルフケア

②首の筋肉をゆるめるセルフケア

③胸の筋肉をゆるめるセルフケア

④骨盤をまっすぐ整えるセルフケア

 

このセルフケアは慣れれば1回10分以内で終わるので、是非、慣れるまで行ってみてください。

そして、セルフケアのおすすめの頻度は「1日1回」です。美脚パーソナルレッスンを受けた方は1日1回行った結果、1ヵ月で太ももが3cm以上痩せました。

ぜひ、トライしてみてくださいね

自宅でセルフケアの始め方の記事も紹介しますので参考にしてみてください

【初心者必見】自宅で簡単にできる!身体の調子を整えるセルフケアの始め方

自宅でできる!一生使える体のセルフケア「無料メール講座」も是非読んでみてください(動画付き)

無料メルマガコーナー




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です