【疲労回復】体の疲れと冷えをとりたいときに食べると効果的!おすすめの朝の食べ物




自宅でできる疲労回復セルフケアを知りたい方向けです。

 

世の中では、疲労回復ニーズが高まっていますが、それと同時に疲労回復セルフケアも多くあります。「疲労回復 セルフケア」とかで検索するとわかりますが、山のようにでてきますね、、、。

 

そんな中で今回は、朝の食事で身体の疲れと冷えをとる方法を紹介します。冷えと疲れの深~い関係の話から、おすすめの朝の食事で身体の疲れと冷えをとる方法の紹介です。

 

5分あれば読み終わると思いますので、それでは見ていきましょ~。

冷えている人ほど疲れやすい!?疲れと冷えの深~い関係

現在社会では、20歳以上の女性の2人の一人の割合で「冷え性」を感じている といわれています。

 

冷え性の原因は、冷暖房などの温度差や服装、筋肉の低下、ストレスや自律神経の乱れなどさまざまですが、女性の場合は筋肉は男性と比べて少ないために、 代謝機能によって作り出せる「熱を作り出す」エネルギーが男性よりも少ないために、そして、生理によって血液が少なくなるため、冷え性になりやすい側面もあります。

 

つまり、体が冷える要因のひとつに「体のエネルギー不足」があります。

なぜ?エネルギーが足らなくなると疲れやすい体になるのか?

それは、体が自動的に「エネルギー消費を節約するため」脳の活動も、体の活動も低下するために、だるさや眠気などにつながるからです。

 

ここで質問ですが「食事をすると身体って温かくなりませんか?」

 

そもそも、食事をすると、消化などのために内臓ががんばって動くため、吸収された栄養が分解されて、体の熱となり消費されます。このために、食後は体を動かさなくても代謝量が増えます。

 

でも、反対に、食事を抜いたり、ダイエットで食事の量が減ったりすると、この体熱も少なくなるために体が自動的に「エネルギー消費を節約するため」脳の活動も、体の活動も低下するために、だるさや眠気などにつながるのです。

 

このときに、 人は「疲れ」「元気が出ない」などの不調を感じるといわれています。

 

も、このエネルギー不足を補うために「朝食が大事」 なんです。なぜなら、朝の食事は胃腸などの内臓の体内時計を整えたり、疲れにくい体作りは欠かせない、体温や代謝を上げる機能も整える働きもあるからです。




では、どんな朝食を食べればいいのでしょうか?

理想は、ご飯に汁もの、魚やお肉などのたんぱく質のおかずがそろったメニューです。

 

ただ、朝食抜きが習慣になっている人は、朝の胃腸の活動が弱くなってる可能性があるので、胃腸に負担をかけないで、少しづつ慣れさていくためのにも「温かいスープ」がおすすめです。

 

温かいスープで内臓を温めてることで、代謝もアップするので疲れも排出されやすくなります。また、おすすめの具は、海藻やキノコ類です。なぜなら、腸の運動を促進してくれてるため便通にも効果あります。

 

そして、たんぱく質は、細胞の活性化や熱を作ってくれる食材なので、卵や鶏肉も一緒にスープの中にいれたらさらに効果が高まります。

【まとめ】疲労回復も冷えとりの基礎は「代謝のいい体」

以上、体の疲れと冷えをとりたいときに食べると効果的!おすすめの朝の食べ物をまとめてみました。

 

やはり疲れにくい体になるため、疲れをとるためには、「代謝のいい温かい体」が土台です。現在は、コンビニやスーパーにお湯を入れるだけ系のお手軽なたくさんのスープがありますので、そういうのも利用して、気軽に初めてみていはいかがでしょうか?

最後に、自宅でセルフケアの始め方の記事も紹介しますので参考にしてみてください

【初心者必見】自宅で簡単にできる!身体の調子を整えるセルフケアの始め方

自宅でできる!一生使える体のセルフケア「無料メール講座」も是非読んでみてください(動画付き)

無料メルマガコーナー

この記事を書いてる「古庄光祐」のプロフィール




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です