プロテインを飲むと体調が悪くなりやすい人の5つの特徴




体脂肪を落としてスタイルアップを目指してる女性の方へ

・体脂肪を落としてスタイルを良くしたい
・今よりもっと健康的に暮らしたい
・身体の仕組みをもっと知りたい

そんな、いつもがんばっているあなたに向けた書いた記事です

プロテインを飲み始めたら体調が悪くなったことってありませんか?

「イライラする」
「体がだるい」
「昼寝しないとダルい」

先日、プロテインを飲み始めたから体調が悪くなったブログの読者さんから
「プロテインを飲むことで、体調が悪くなるとかあるのでしょうか?」という質問をいただきました。

プロテイン飲んで
体調が悪くなったらちょっと不安になりますよね

でも、栄養士の友人にも聞いて
調べてみたらある体調を崩す人には「特徴」があることがわかりました。

本記事では、「プロテインを飲むと体調が悪くなりやすい人の5つの特徴」について書いていきますね

美脚師こうすけ
・そもそも、プロテインとは?
・プロテインを飲むと体調が悪くなりやすい人の5つの特徴

・1番大事なことは「体質に合った飲み方を見つける」こと

この記事を書いている私は
鍼灸整体師歴16年、そして、筋トレ・セルフケア歴約21年の実体験をもとに書いています。

そもそも、プロテインとは?

私たち人間の体の大部分は、「たんぱく質」と「水分」によってできています

筋肉はもちろん。
骨・内臓・血液・髪の毛・皮膚・爪など
体を作る多くのものが「たんぱく質」でできています。

でも、現代はコンビニやスーパーなどで
気軽に「空腹を満たせる炭水化物」が多く手に入れられることもあり

「たんぱく質」」が少ない人が
とってもいいです。

そこで、気軽に「たんぱく質」を摂れるのが「プロテイン」

そもそも、プロテインとは英語で「たんぱく質」の意味。
プロテインは、水や牛乳などで溶かして飲むのが一般的。

人の体にとって重要な栄養素であるたんぱく質を
効率的に気軽に摂れるものとして「プロテイン」は広く用いられています。

でも!そんな便利なプロテインですが
体質によって飲み方が合わないと体調を崩すときもあるみたいです。

その特徴を「5つ」の分けたので
紹介しますね

プロテインを飲むと体調が悪くなりやすい人の5つの特徴

①乳製品アレルギーはありませんか?

乳製品のアレルギーがある方がプロテインを飲むときに
牛乳で割って飲むと、そのアレルギーがでる場合もあります。

プロテイン飲むときは
牛乳だけではなく「豆乳」や「水」で割ってもokですので

自分の体質に合った飲み方で
摂取されることをされてはいかがでしょうか?

②乳糖が消化しにくい

多くのプロテインは「牛乳」などの成分から
つくられるため、その中には「乳糖」という牛乳や乳製品に含まれる「糖」があります

ただ、腸のラクターゼという消化分解酵素がそもそも少ない人の場合
乳糖が消化できず、腹痛・下痢・吐き気・だるいなどの症状がでる場合があります

現在は、「乳糖がない」プロテインも売っているので
是非、乳糖なしのプロテインを飲まれてはいかがでしょうか?

③胃腸が疲れて弱っている

疲れ、ストレス、暴飲暴食、睡眠不足などで
胃腸が弱っている人の場合

プロテインを飲むと上手に消化できず
反対に「体の負担」となり
症状がでやすくなる場合があるかもしれません

こういうときは
まず「休む」ことが1番

しっかり睡眠をとり
食べ過ぎたなら少食にし
たまには、夕食断食など胃腸を労わることされるといいかもしれません

④たんぱく質を食べ慣れていない

普段から、肉・魚・卵などの
たんぱく質を食べていないと

体は、たんぱく質を消化する酵素が作られていないので
急にプロテインというたんぱく質が体に入ってきても消化できないため

体に負担となり
体調が崩れる可能性があるかもしれません

こういうときは
日常から少しづつ肉・魚・卵を
食べるようにしたり

プロテインの量を
半分にしてみたりして

少しづつ
たんぱく質に慣れていくことがいいかもしれません

⑤プロテインの飲み過ぎ

プロテインを飲めば元気になる!って
真面目にプロテインを急に「朝晩」しっかり飲むと体調を崩すことに繋がりやすいときもあります

プロテインを飲むことは悪い事ではありません
ただ、体としたら急に「大量のたんぱく質」が入ってきたら大忙しで
消化できなくなる時もありますよね。

やはり「慣れ」ることが1番大事なので
こういうときは「少しづつ量を増やしていく」ことが大事。




一番大事なことは「体質に合った飲み方をみつける」こと

プロテインを飲んで
健康作りやダイエットに繋げ

本来の元気で美しく輝く
自分を取り戻すためには

「今の自分の体に合う飲み方」を
見つけることが大事です

もし現在
プロテインを飲んで体調が良くないのなら

5つの特徴から
自分のタイプを見直してみて

タイプ別に
飲み方を変えてみてはいかがでしょうか?

そのときに
ためしてみたことや
飲み方をメモしていると

より自分に合う・合わない飲み方が分かり
体調を崩すことが減ることに繋がりやすくなります。

そして
もし、自分でわからなかっら
専門化にご相談してみてくださいね。

子の内容を動画にもしてみました

関連記事のご紹介

プロテインを飲んでも筋肉ムキムキにはならない本当の理由

脚やせダイエットでもOK!プロテインは筋トレをしている人だけが飲むものではありません。

足を細くしたい・下半身ダイエット中に「たんぱく質」をとった方がいい理由

 

自宅で出来る!「O脚改善」無料美脚作りメール美脚講座も無料でお伝えしています(動画付き)

無料で美脚メール講座

この記事を書いてる「古庄光祐」のプロフィール




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です