冬になっても「ふくらはぎ」が細い美脚の持ち主の2つの特徴




こんにちは

筋トレ・ダイエットをして体重は落ちたけど
「脚のサイズ・形」をもっとキレイにしたいアラフォー女子さん向け

簡単な姿勢を整えるエクササイズをするだけで
スッキリ・まっすぐ美脚が手に入る方法を伝える
美脚師の古庄光祐です(プロフィールは最後にあります)

冬になっても「ふくらはぎ」が細い美脚の持ち主の2つの特徴

さて、今回の内容は、「冬になっても「ふくらはぎ」が細い美脚の持ち主の2つの特徴」をお伝えします。

寒さで太りやすい冬でも、ふくらはぎが細い人がいますよね。

実は、そういう人の特徴が「2つ」:あるのです。

それが
①姿勢がまっすぐキレイな人
②関節の動きがいい人
です。

つまり、骨格のゆがみが少ない人です。

そもそも、ふくらはぎは体重を支えている場所で、ふくらはぎは体重以上の重さを支えている時太くなります。

つまり、偏った姿勢による体重以上の負荷がかかっているときやふくらはぎ周辺の関節の動きが悪く負荷が多くかかっているときに、太くなります。

なので、そのためにも骨格のゆがみを整えることが必要になります。

冬にふくらはぎのボリューム感を気にしている女性が多い

 

実は、ふくらはぎの外側の太さを気にしていない女性はとても少ないです。

非常に少ないということは、それだけ「ふくらはぎの外側が太いことで悩んでる」ということです。

下半身太りは「骨格のゆがみ」でほとんどが決まります。

つまり、骨骨格がゆがんでいと、ふくらはぎの外側に脂肪やゴツゴツとした筋肉がつきやすくなるということです。

このようにならないためにも、「骨格」を整えてふくらはぎをスッキリしていきましょう!

働き過ぎの筋肉はお休みさせるとふくらはぎは細くなる!

ふくらはぎを細くするコツは「働き過ぎの筋肉をお休みさせてあげる」ことです。

具体的にいうと、骨格のゆがみによる、ふくらはぎの筋肉への負担を減らすことです

つまり、姿勢を整えることです。

それでは、「骨格=姿勢」を整えてふくらはぎの外側をスッキリしていきましょう!




姿勢のゆがみをまっすぐ整える方法

①巻き肩を整えて整える方法

 

②下半身の筋肉の緊張をリセットして整える方法

 

足の指・股関節のゆがみを整えてふくらはぎの負担を減らす方法

 

足ゆびワイワイ

 

① 親指と残りの4本の指をもつ

② 指を矢印の方向にクルクルと回します

注意! 親指と4本の指を左右の引っ張り過ぎないようにする。

 

動画でもどうぞ

 

股関節バージョン

①片方の足を前に伸ばし、片方の足をその伸ばした脚にのせます

 

②その両足を自分の身体のよせて、膝と膝がくっつくように座ります。
余裕のある人は、腕を上に上げます

 

動画も分かりやすいです

 

脚が痩せるのも、むくみがとれるのも、美脚になるのも、その共通していることは「ゆがみがなく本来もつ体の機能がちゃんと発揮できる身体」でいることです。ゆがみをケアするのも、筋肉をゆるめるのも、姿勢を整えるのも、全ては体の機能を高める事が目的です。

ですので、体の機能を高めて、美脚つくり頑張ってみてくださいね。

関節のゆがみがリセットされると美脚に変わる!

脚が痩せるのも、むくみがとれるのも、美脚になるのもその共通していることは
「ゆがみがなく本来もつ体の機能がちゃんと発揮できる身体」でいることです。

ゆがみをケアするのも、筋肉をゆるめるのも、姿勢を整えるのも
全ては体の機能を高める事が目的です。

体の機能を高めて、美脚つくり頑張ってみてくださいね。

脚やせ・O脚改善!美脚作りのヒントは「無料メール講座」でお伝えしています(動画付き)

その脚の疲れも一緒にとれる美脚ケアを無料メール講座でも伝えていますので、是非ご登録されて日々のケアとしてお使いください。

無料美脚メール講座

この記事を書いてる美脚師「古庄光祐」のプロフィール

プロフィール




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です