足が太い・むくみやすい人の特徴「バランス編」




ダイエットや筋トレで痩せたけど「下半身のサイズ・形だけ」変わらなかったアラフォー女性の方へ

こんにちは
スキニーデニムをはいて街に出かけるのが楽しみになる!
スッキリ・まっすぐ美脚作りを伝える鍼灸師&美脚師の古庄光祐です(プロフィールは最後にあります)

30歳に入ると生活や食べる量も変わらないのに
むくみやすくなったりする時ありますよね

運動不足?それとも冷え?
歳のせい?

ちょっと不安な気持ちになりますよね。

ということで、今回のテーマは
ゆがみ視点からみる「足が太くなる・むくみやすい人の特徴は?(バランス編)」の記事です

足が太い・むくみやすい人の特徴は?

 

それは、ぐらぐら「バランスが悪い人」です。
もっというと、「足の指がゆがんで、小指重心で姿勢を支えるバランスが偏っている人」です。

なぜなら
「足の指がちゃんと使えていないとその分、足首やふくらはぎ・太ももの筋肉にその負担がかかる」からです。

足首・ふくらはぎ・ももの筋肉が疲れて硬く緊張して代謝が悪くなってむくむのと
太ももの前・横の筋肉で姿勢を支ええるからその筋肉がどんどん鍛えられて太くなるんです。

これが、足が太い・むくみやすいひとの特徴の一つです。

足の指がちゃんと使えるのか「チェック」してみよう!

① 気をつけの姿勢  ピッ!!

② 片足を膝が90度になる高さまで上げて両腕を開いて約10秒この姿勢を保持。 

目線はまっすぐ!よーい。スタート!!!

③ 足の指がちゃんと使えていないので、バランスが崩れ10秒保持できません。

④ 足の指がちゃんと使えていると「しっかり立てた」ままです

はい。
いかがだったでしょうか?

足の指が「ゆがむ」その原因は?

それは=「足の指」を動かす筋肉である「長母指屈筋」がこり固まっているから!

そもそも
この筋肉は、足を指を動かす筋肉で、親指~ふくらはぎまでついている足のアーチを支えている大切な筋肉!

ここの筋肉が生活習慣や姿勢の偏りによって硬くなってしまうと
足首・ふくらはぎ~太ももの筋肉がその分の負担を補い疲れて
どんどんこり固まって、巡りが悪くなりむくんだり脂肪がつくたり、太くなってムキムキな太い足になったりします。

どうしたら「足の指のゆがみ」を整えられるの?

それは
「長母指屈筋とその他の指の緊張して硬くなっている筋肉をやわらかくする」ことです

この筋肉をゆるめてやわらかくすると
足首~ふくらはぎ~太ももの筋肉がちゃんと連動して動くので巡りもよくなり
水はけのいい足になり、むくみがスッキリしたり、脂肪が燃えやすい足になって、足が痩せやすくなります。

脚のゆがみを整えてみましょう!

足の指・股関節のゆがみを整えて美脚になる方法

 

足ゆびワイワイ

① 親指と残りの4本の指をもつ

② 指を矢印の方向にクルクルと回します

注意! 親指と4本の指を左右の引っ張り過ぎないようにする。

動画でもどうぞ

股関節バージョン

①片方の足を前に伸ばし、片方の足をその伸ばした脚にのせます

 

②その両足を自分の身体のよせて、膝と膝がくっつくように座ります。
余裕のある人は、腕を上に上げます

動画も分かりやすいです

関節のねじれがリセットされると美脚に変わる!

脚が痩せるのも、むくみがとれるのも、美脚になるのもその共通していることは
「ゆがみがなく本来もつ体の機能がちゃんと発揮できる身体」でいることです。

ゆがみをケアするのも、筋肉をゆるめるのも、姿勢を整えるのも
全ては体の機能を高める事が目的です。

体の機能を高めて、美脚つくり頑張ってみてくださいね。



脚やせ・O脚改善!美脚作りのヒントは「無料メール講座」でお伝えしています(動画付き)

その脚の疲れも一緒にとれる美脚ケアを無料メール講座でも伝えていますので、是非ご登録されて日々のケアとしてお使いください。

無料美脚メール講座

この記事を書いてる美脚師「古庄光祐」のプロフィール

プロフィール

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です