腰痛クチコミバンク 治療院・サロンの口コミ情報サイト 腰痛バンク

地域情報リンク

肩のコリ痛みなどの疾病対策について 整体院なら川口市鳩ヶ谷市のナチュラルケア整体・鍼灸院

自分でできる疾病対策

トップページ > 自分でできる疾病対策

肩のこり・対策〜こんな時どうすればいいの?〜

 
 「肩こり」とは、肩・背中にかけて筋肉のこわばった感じや不快感・コリ感・重苦しさ・痛みに至る
 症状の総称です。
 近年急増に首・肩こりさんが増えました。今最も多い慢性病が首・肩こり症状と言えます。
 デスクワークでパソコンとにらめっこ状態の肩や、小さいお子さんの抱っこで
 背中のコリ感や痛みがでている方が本当に多いのが現状です。
 長時間に及ぶ姿勢が原因も当然のことながら、最近では精神的ストレスにより
 自律神経が乱れることでおこる肩こりも増えています。

肩こりの原因
 
 肩こりの原因は「立つ・歩く」など仕事や家事などの日常生活などで同じ姿勢を
 取り続けることにより頭や腕を支える背中の大きな筋肉やその周りの持続的緊張によって
 筋肉が硬くなって血行が悪く酸素が届かなくなり
 疲労や老廃物が蓄積することにより、肩こりが起こると考えられていています

 
首や肩に症状が出やすい方の共通点



おそらこのような姿勢でお仕事をしている方・座っている方が多いと思います。
実際、ここまで悪くなくても、これに近い状態で長時間一定の姿勢でいる方がほとんどですね。
”姿勢が悪い”と言いますが、何所がどう悪いのか知ることが解決のポイントとなります。

@首・顔が肩より前に突き出ている=首のゆがみ
A肩が体の前に移動している=肩のゆがみ
B背中が丸くなっている=背中のゆがみ

このような姿勢を続けていていると、背中の筋肉が伸ばされてしまい猫背になり背中の筋肉が力が抜けられないため肩こり・背中こりが起きます。
そして、前に移動した首を支える為、肩と首の筋肉に力が入り、肩・首のこりが起きてしまいます
結局は、特定の筋肉に力が入ったままのため疲労が溜まり、「こり・痛み」が起きます。


首・肩こりの対策法

では、日常おこなった方が良い対策は?
    家にいるときは見た目を気にせず楽な姿勢でいるようにしましょう(1番大事)
    痛みやコリを確認するような動きは、症状を増加するだけなのでやめましょう
    意識的に体を温め体を冷やさないようにしましょう (とくに首・手首・足首)
    負担のかからないストレッチをしましょう (無理に伸ばすと逆にバランスを崩します)
    人は動いてナンボ、動きの基本のウォーキングをしましょう
    グラグラしない体を作りましょう(ウォーキング・簡単な筋トレ)

肩こり改善ストレッチ!
         ⇒       
 @胸の前で手を組みます                 A組んだ手の手首を捻って手の平を上に向ける

         ⇒         
 B目線よりも高い位置に肘を伸ばす          C胸を張り、肘を伸ばしたまま降ろせるところまで
                                  手をおろしたまま深呼吸
                                 指を組み直して左右交互に2〜3セット!!!
<別要素>

精神的ストレスよって痛みや肩こりが起こる事が多々あります。運動も大切ですがあなたなりの

ストレス発散をしましょう!! (あなたが楽しくなれることを)

 

<誤解>
肩がこるとつい首を回してしまいますよね?

この体操は余計症状を悪化させます。その代わりにニワトリのマネをして首を前後に動かすと良いですよ

当院へ来院目安
 ・朝すぐに起きれない時
 ・首・肩・体全体がだるい・重い時
 ・眠りが浅い時
 ・イライラ・クヨクヨ精神的ストレスが続いている時
 ・猫背が気になった時
 ・長時間同じ姿勢を続けたとき
ページトップへ

腰痛対策

 
腰痛の原因

 腰痛の原因は仕事や家事などの日常生活などで同じ姿勢や動作をとり続けることにより
 上半身を支える背中の大きな筋肉である「広背筋」や腰の骨から下半身を支えている
 「腸腰筋」という筋肉が持続的緊張によって筋肉が硬くなって(ゆがみ)血行が悪くなり
 疲労や老廃物が築盛することにより、腰痛が起こると考えられています。


ぎっくり腰(急性腰痛)

 急性腰痛(ぎっくり腰)>の場合、安静が第一です。例えば腰痛発症から一週間家でゆっくりしていれ ばほとんどが良くなります。しかし忙しい日本人には無理な話です。 

<鑑別対策法>

では対策法です,まず腰痛患部を伸ばして痛みますか?痛みが強くなる場合(右腰痛で上体を左に倒した時右腰が痛く、右に上体を倒したら痛くない状態)筋肉系疾患です。この場合患部を軽く冷やします。

それ以外(関節系疾患)の場合は安静後、発症から一週間は常温、以降保温をする。

<重症目安>

上体が斜めに歪んでいる、くしゃみが出来ない、階段が苦しい、下半身に痺れがある、これらは重症です

自己判断せず専門家の治療を受けましょう

<危険>

痛みがあるか確かめようと負荷の掛かる姿勢をしたり、腰の筋肉を伸ばしたりすると爆弾はどんどん大きくなります。痛覚を刺激しない生活を一時しておくこと。


慢性腰痛

  最も多い疾患。基本は保温とストレッチ。

 <起床>

 朝起きる時は一度体を反転してから起き上がりましょう

 <腹筋運動>

 痛みのある時は腰痛を悪化させます。痛みのない時に行なう

 <姿勢>

 楽な姿勢が最も良い姿勢です。無理して良い姿勢をすると腰痛悪化


当院へ来院目安


寝ても体の「重い」「だるい」が抜け切れない時
朝起きた時腰痛がある場合、腰を動かして痛むとき
は、施術が必要な時期だと思って来院して 下さい。ページトップへ